いだてんの吉岡信敬って?早稲田大学との関係は?天狗倶楽部に在籍?

2019年度大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で満島真之介さんが演じている吉岡信敬(よしおかしんけい)を皆さんご存じでしょうか。

『いだてん』ではじめて名前を知った人も多いのではないでしょうか。

ここでは、吉岡信敬がどのような人物だったかみんなで見ていくことにしましょう。

吉岡信敬は「よしおかのぶよし」と呼ぶのが本当は正解ですが、周囲からも本人も「よしおかしんけい」と呼んでいました。

吉岡信敬の家は父親が明治維新のさなかで亡くなってしまっており、恵まれた家庭ではなかった。

吉岡信敬の出身地が、現在の山口県萩市説と東京都文京区説の二つがあるように、幼少期に関しての正確な記録は残っていません。

しかし、少なくとも小学生になるころには都内に住んでいたといわれています。

「虎鬚彌次将軍(とらひげやじしょうぐん)」こと吉岡信敬

明治31年(1898年)、13歳になると、吉岡信敬は早稲田中学校に入学します。

そして野球部へ入部しポジションはセンターに就きました。

野球はあまり上達せず、むしろ試合の応援活動に対して興味を示し熱中していきました。

自分が通っている中学校の試合のみならず、早稲田大学野球部の試合にも駆け付け夢中で応援していました。

中学時代から髭を生やしており、後輩からは「髭のおじさん」というあだ名で呼ばれていたそうです。

吉岡信敬のトレードマークでもある立派な髭は中学生から生えていたんですね。

明治38年(1905年)に、現在では大学野球において一番有名な試合といっても過言ではない六大学野球における早慶戦が2勝先勝方式になりました。

その年、早稲田大学野球部は一試合目慶應に敗れてしまいました。

敗れてしまったことで落ち込んでいた野球部を励ますために寄宿生は食べ物や飲み物を差し入れし2試合目の応援に絶対に行くと約束しました。

この時野球部部長であった安部磯雄はアメリカ遠征によって入手した学校旗を振るようお願いしました。

しかし、寄宿生たちは学校旗の振り方がわからなかったため、応援の仕方に精通していた吉岡信敬が指導することになりました。

こうして、早稲田高等予科生だった20歳の吉岡信敬は橘静二(後の高田早苗・早稲田大学学長の秘書)、吉田淳(後の朝日新聞記者)らとともに「早稲田大学応援隊」を結成しました。

そして吉岡信敬は大学生を差し置いて応援隊の隊長となったのです。この応援隊とは現在の早稲田大学応援部につながっていくのです。

吉岡信敬の名前を全国に知らしめたのは明治39年(1906年)の秋の早慶戦でした。

1勝1敗で迎えた第3戦目のことでした。早稲田大学と慶應大学の両校の応援団はアメリカ式を導入したことにより、それまでの応援とは比べ物にならないほど熱狂した応援が繰り広げられました。

第1戦目から早稲田大学の応援団と慶應大学の応援団は応援の陣取り合戦で言い争いをしていました。

それをふまえて、第3戦目における両校の応援陣地については数日前から話し合いが行われました。

それほどまでに早稲田大学も慶應大学もお互いの大学のプライドをかけた大事な試合だったのでしょう。

慶應大学応援団は早稲田大学応援団に対してわずかなスペースしか譲ろうとしませんでした。

それに怒った吉岡信敬は慶應大学応援団に対して、「応援団の指揮官6人を馬に乗せ、剣をたずさえ、1万人の応援隊で慶應大学のグランドに乗り込んでやる」と宣言しました。

すると、慶應大学の応援団も「前日からバリケードを築いて、寝ずに見張って阻止してやる」と応酬しました。

この話し合いは応援団間のやり取りだけにはとどまらず、両行の教授による話し合いにまで発展し、最終的には両校の学長が事態の収拾にあたらないといけなくなってしまいました。

その結果、第3試合は中止となってしまいました。

慶應大学はこれを受けて学生大会を開いて野球に限らず全競技での早稲田との試合禁止を決議しました。

一方、早稲田大学も慶應大学に絶縁状を送るなど、両校の関係は修復不能と思われました。

これ以降、野球は19年間にもわたって早慶戦は行われることはなかったのです。

この一件が全国に広まり、吉岡信敬は白馬にまたがり、剣をふりまわし応援に駆け付けたという伝説になりました。

これがきっかけで吉岡信敬は、立派な髭を生やし、だれよりも大きな声でやじるその姿が「虎鬚彌次将軍(とらひげやじしょうぐん)」と呼ばれるようになりました。

この名は学生以外にも広まり、日露戦争において活躍し日本の勝利に大きく貢献した乃木希典(のぎまれすけ)将軍、昭和時代に「自称天皇」として知られた葦原金次郎(あしわらきんじろう)と共に明治の「三大将軍」と呼ばれていました。(本当に軍人であったのは乃木希典だけですが)

日本中に慕われた吉岡信敬は、後のある雑誌の企画で行われた人気投票「痛快男子十傑」で一般学生の部で1位に輝き、またスポーツ選手でないにもかかわらずスポーツ誌で行われた人気投票「運動家十傑」でも10位に輝くほどの人気ぶりでした。

天狗倶楽部と吉岡信敬

明治42年(1909年)吉岡信敬の友人で、冒険小説家として当時から知られていた押川春浪によって早稲田大学の学生を中心に「天狗倶楽部(てんぐくらぶ)」というスポーツサークルが結成されると、吉岡信敬もこの団体へ参加する事となります。

天狗倶楽部の発起人だった押川春浪は大の野球好きとして知られており、彼の弟である押川清は日本のプロ野球創始者として知られる人物です。

応援隊長として野球部を全力で応援していた吉岡信敬と押川は気が合う者同士だったのでしょう。

天狗倶楽部には、当時東京帝国大学の学生で、日本初のオリンピック選手として金栗四三と共に知られる三島弥彦も加入していました。

1912年、三島弥彦がストックホルムオリンピックに参加するために渡欧する際、吉岡信敬は天狗倶楽部を代表して花束を贈呈したと言われています。

また、押川が主筆を務めていた『冒険世界』や安部磯雄が主幹の『運動世界』などの雑誌に記事を発表し始めます。

大学中退後の吉岡信敬

大正元年(1912)には早稲田大学を中退し、麻布第一連隊に志願兵として入隊します。

その後は読売新聞社などに勤務しました。

押川が大正3年(1914年)に急死してしまうと吉岡信敬は「天狗倶楽部」と少しずつ距離を置くようになってしまいます。

吉岡信敬は明治39年の早慶戦の中止、またそれから長い間早稲田大学と慶應大学の対抗戦が行われてないことに責任を強く感じており、早稲田大学の学生が中心であり、しかも野球部員が多く在籍していた「天狗倶楽部」に負い目を感じてしまい、「天狗倶楽部」と吉岡信敬をつなげる橋渡し的役割を担っていた押川が亡くなってしまったため居づらくなってしまったのでしょう。

その後の吉岡信敬は表舞台に出てくることはなく、昭和15年(1940年)12月7日に死去しました。

55歳でした。

バンカラの代名詞、吉岡信敬

バンカラとは、ハイカラをもじった明治期の造語です。

ハイカラが西洋風のおしゃれな人を指すのに対して、バンカラは身なりや行動が粗野で荒々しいことを指します。

また、敢えてそのように振る舞う人のこともさしました。

吉岡信敬は中学生のころからボロボロでところどころ破れた制服を着て、トレードマークの無精髭を伸ばしていたことからバンカラぶりを遺憾なく発揮していました。

「虎鬚彌次将軍」として日本全国で有名となった時に、同時にバンカラぶりも有名となりバンカラの代名詞となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です