『いだてん』の金栗四三って?あだ名はパパ?竹早高校との関係は?

現在、NHKの大河ドラマとして放送されている『いだてん〜東京オリムピック噺〜』で主人公として活躍する『金栗四三』

歌舞伎役者で俳優の中村勘九郎(6代目)さんが演じていることで一躍有名になりましたが、皆さんはこの『金栗四三』という男をどこまでご存知でしょうか?
『ぶっちゃけ、大河で取り上げられるまで名前も知らなかった…』という方がほとんどではありませんか?

実は、この金栗四三がいなければ
『箱根駅伝はないかもしれなかった?』
『そもそも、マラソンがここまで日本においてメジャーな競技にならなかったかも?』
と言わしめるほどに、日本のマラソン界に多大な影響を与えた人物なのです。

文字通り『走り続けた』金栗四三の生涯

1891年(明治24年)8月20日、金栗は熊本県玉名郡春富村(現在の和水町)で生まれました。
家系は、15~6代続く村の名家で、8人兄弟の7男でした。
ちなみに、名前の『四三』は、金栗が生まれた際に父親の年齢が43歳だったことに由来しているそうです。

幼少時の登下校で培われた天性の『マラソン力』

後にマラソン界を背負って立つ運命にある金栗も、幼少期である5歳ごろまでは『異常体質』と言われるほどにひ弱な子供だったそうです。
特に、2歳ごろまでは夜泣きも激しく、家中の者を大変困らせていたそうです。

そんな金栗ですが、1901年(明治34年)に10歳を迎え、玉名北高等小学校(現在の跡地には南関町立南関第三小学校がある)へと進学します。
すると、自宅から学校までの山坂を越える約12㎞の通学路で通うことになります。
この通学路を、近所の生徒たちと毎日走って行き来する『かけあし登校』で通うようになり、のちのマラソンの基礎を築くこととなります。

高等小学校卒業後は旧制熊本県立玉名中学校(現在の熊本県立玉名高等学校・附属中学校)に進学し、優秀な成績を収めます。
その成績から特待生に選ばれ、中学校卒業後の1910年(明治43年)には東京高等師範学校(のちの東京教育大学・現在の筑波大学)に入学することになります。

初めて出場したオリンピックでの『悔しさ』

1911年(明治44年)、遂に金栗は翌年に開催されるストックホルムオリンピックに向けたマラソンの予選会に出場します。
すると、マラソン足袋での出場で当時の世界記録(当時の距離=25マイル(40.225㎞))を27分も縮める大記録を樹立しました。
こうして金栗は、2時間32分45秒という大記録を引っ提げて、短距離の三島弥彦と共に日本人初のオリンピック選手に選ばれます。

翌1912年(明治45年)、金栗はストックホルムオリンピックに出場します。
しかし、レース途中で日射病により、意識を失って倒れてしまいます。
近くの農家で介抱された金栗が目を覚ましたのは、既に協議が終了してしまった翌日のことでした。
仕方なく、金栗はレースを諦め、そのまま帰国することになります。
その際、金栗は日記に

「大敗後の朝を迎う。終生の遺憾のことで心うずく。余の一生の最も重大なる記念すべき日になりしに。しかれども失敗は成功の基にして、また他日その恥をすすぐの時あるべく、雨降って地固まるの日を待つのみ。人笑わば笑え。これ日本人の体力の不足を示し、技の未熟を示すものなり。この重圧を全うすることあたわざりしは、死してなお足らざれども、死は易く、生は難く、その恥をすすぐために、粉骨砕身してマラソンの技を磨き、もって皇国の威をあげん。」

出典:マラソンの父 金栗四三さん|玉名市

と、その時の心情を綴っています。
金栗が倒れた直接的な原因は日射病とされていますが、それ以外にも

  • 初参加国であった日本は、選手の体調管理などの選手サポートのノウハウがなかった
  • 当時、日本~スウェーデン間は船・シベリア鉄道で20日もかかり、初めて海外渡航する選手を中心に負担が大きかった
  • 緯度の高いスウェーデンではオリンピック開催期間がほぼ白夜であり、不慣れな日本人には睡眠への支障が出た
  • 当時のスウェーデンには米が無く、食事の面でも苦労した
  • 舗装された路面によって足袋が破れてしまい、膝を痛める結果となった

などが考えられています。
極めつけは、マラソンの競技当日に金栗を迎えに来る予定の車が姿を見せず、金栗は競技場まで走らされる結果となりました。
さらに、競技当日は最高気温40℃の猛暑となり、折り返し地点に給水所が用意されていたにもかかわらず、レース途中で参加者の半分が途中棄権するようなコンディションでした。
レース中に倒れ、そのまま死亡してしまうような選手も出る過酷な状況であり、金栗に至ってはその給水所に立ち寄ってもいなかったそうです。

このマラソン中に失踪した日本人の話は、開催地であるスウェーデンではしばらく語り草になるほどでした。
その後、話に尾ひれがついて、金栗が途中棄権した理由は、単にソレントゥナのとある家庭の庭でのお茶会に誘われ、食事をご馳走になったために、そのまま棄権した、といった解釈も飛び出しました。

その後の『マラソンランナー』としての金栗四三

当時の金栗は、競技者として最も脂がのっていた時期でもありました。
1914年(大正3年)3月に東京高等師範学校を卒業し、4月10日には石貫村(現在の玉名市)の医者の娘である春野スヤと結婚します。
その後は、神奈川県師範学校(現在の横浜国立大学)、独逸学協会中学校(現在の獨協中学校・高等学校)、東京府女子師範学校(現在の東京学芸大学)などで地理の教員として教壇に立ちながら、自身の走りに磨きをかけていきます。

同年11月23日の第2回陸上競技選手権では、再び世界記録を大幅に更新するタイムとなる2時間19分20秒3の記録を樹立します。
しかし、メダル獲得が期待された1916年(大正5年)のベルリンオリンピックは、第一次世界大戦の勃発により大会そのものが開催中止となってしまいます。
その後のアントワープオリンピック(1920年(大正9年))、パリオリンピック(1924年(大正13年))にもマラソン代表として出場を果たします。
ただ、アントワープでは、40㎞近くまで入賞圏内の5位につけるも、雨と寒さというコンディションの悪さに脚を痛め、最終的には16位の結果となります。
パリでも、力を十分に発揮することはかなわず、32.3㎞地点での途中棄権という結果に終わっています。

1917年(大正6年)には、駅伝の始まりとされる東海道駅伝徒歩競争(京都・三条大橋~東京・江戸城 和田倉門 約508㎞ 23区間)においても、関東組のアンカーとして出走します。
その後、1920年(大正9年)には、第1回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)が開催されることになり、金栗もこの大会開催にかなり尽力したと言われています。

現役当時の金栗は地下足袋で走っていましたが、オリンピックに出場した後、東京の足袋屋であるハリマヤの黒坂親子に足袋の改良を依頼しました。
結果として、ハゼ(留め金具)を廃止し、甲に紐が付いた型へと変更されます。
さらに、ストックホルムで外国人選手が履いていたゴムを足底に付けたシューズをヒントに、ゴム底の『金栗足袋』を開発し、多くの日本人マラソン選手がこの『金栗足袋』を履いて走ることになりました。

現役引退後もなお、マラソンを、スポーツを愛した男

金栗は、自身の3度のオリンピック参加経験を通して、日本でのスポーツ振興の必要性を身に染みて感じるようになりました。
特に、女子のスポーツ参加が盛んなヨーロッパの光景に感銘を受け、将来的に母となる女学生の心身を鍛えることは国の一大任務であると指摘します。
1921年(大正10年)には東京女子師範学校に勤めると、初めての女子テニス大会・女子連合競技大会を開催します。
1923年(大正12年)には、関東女子体育連盟結成するなど、女子体育の振興に尽力しました。

さらに、地理教師としての仕事の傍ら、学校を回って学生らと一緒に走り、スポーツの重要性を語るようになりました。
競技会や運動会に顔を出してはマラソン普及に努め、暑さに強くなるように真夏の房総海岸での耐熱練習を繰り返す、心肺機能を高めるために富士山麓での高地トレーニングを続けるなど、当時としては最先端のマラソン練習法を実践した。
また、自身も日本体育・マラソン普及のために、1919年に下関-東京間の約1,200㎞を20日間で走破したほか、1922年には樺太-東京間、1931年には九州1周を踏破し、日本全国走破を成し遂げました。

1931年(昭和6年)、39歳で故郷の玉名へと帰郷し、学校対抗マラソン大会や駅伝競走の開催によって、県内外でマラソン普及に努めました。

幻となった『東京オリンピック』

1936年(昭和11年)には、日本で初めて開催されるオリンピックの準備のために再び上京します。
その際には、十文字高等女学校(現在の十文字中学校・高等学校)で教壇に立ちながら開催準備に奔走しますが、日中戦争の戦況悪化に伴い日本はオリンピックの開催を返上することになってしまいます。

その後、金栗は1941年(昭和16年)から1945年(昭和20年)まで私立の青葉女学校に勤めますが、同年3月に帰郷して以降は同地で生涯を送りました。
1946年(昭和21年)4月に熊本県体育会(のちの熊本県体育協会)が創設されると、初代会長に就任します。
会長として、1947年(昭和22年)の第1回金栗賞朝日マラソンなどの開催に尽力します。
ちなみに、この金栗賞朝日マラソンは、のちに日本で初めて国際マラソン選手権に指定され、1974年(昭和49年)以降現在に至るまで『福岡国際マラソン』として開催されています。
1953年(昭和28年)には、ボストンマラソン日本選手団会長として渡米すると、選手団の1人である山田敬蔵が当時の世界記録である2時間18分51秒で優勝します。
この優勝は、日本人参加者としては1951年(昭和26年)の田中茂樹以来2年ぶり、同大会としては日本人2人目でした。
1960年(昭和35年)には、熊本で行われた第15回国民体育大会の最終聖火ランナーに選ばれました。
ちなみに、その間には1948年(昭和23年)に熊本県の初代教育委員長にも選出されています。

50年ぶりの『ゴール』、そして…

1967年(昭和42年)3月、金栗はスウェーデンのオリンピック委員会からストックホルムオリンピック開催55周年を記念する式典に招待されました。
先述のストックホルムオリンピックでは、金栗の棄権の意思がオリンピック委員会に伝わっておらず、『競技中に失踪し、行方不明』として扱われていたのです。
記念式典の開催にあたり、当時の記録を調査していたオリンピック委員会がこの事実を発見し、金栗を記念式典でゴールさせることに決めました。
招待を受けた金栗はストックホルムへと赴き、競技場をゆっくりと走り、場内のゴールテープを切りました。
この時、『日本の金栗、ただいまゴールイン。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3、これをもって第5回ストックホルムオリンピック大会の全日程を終了します。』とアナウンスされました。
ちなみに、この記録はオリンピック史上最も遅いマラソン記録であり、今後もこの記録が破られることはないだろう、とされています。
金栗はゴール後のスピーチで『長い道のりでした。この間に孫が5人できました。』とコメントしました。

晩年は故郷の玉名市で過ごしていましたが、年老いてなお、朝夕に自宅から小学校まで約800mの往復散歩を天候の良し悪しに関わらず、日課にしていたそうです。
1983年(昭和58年)11月13日に、92歳でその生涯を閉じました。

ちなみに、ストックホルムオリンピックから100年を経た2012年(平成24年)に、金栗のひ孫である男性が金栗を介抱してくれた農家の子孫を訪ねています。

金栗四三と東京都立竹早高校の関係性

そんな日本マラソン界の発展に貢献した金栗ですが、実は東京のとある高校と浅からぬ関係があるようなんです。

その高校の名前は、『東京都立竹早高校』
金栗は、この竹早高校(当時の府立第二高等女学校)で地理歴史の教員として働いていたのです。
1912年のストックホルム、1920年のアントワープ、1924年のパリのオリンピック3大会(先述の通り1916年のベルリン大会は中止)に出場しているのも、この竹早高校に在籍していた頃のことです。

大正9年4月に第三代高橋清一校長が赴任した。
高橋校長は若い熱意のある教員を多数採用し、とくにスポーツと芸術に力を入れ、校内の雰囲気を一新した。

この時に女子師範(注:のちに東京学芸大学)及び第二高女(注:のちの竹早高校)に迎え入れた教員には、当時我が国に紹介されはじめたバレーボールやバスケットボールなどの指導者として草分け的な存在であった三橋喜久雄・義雄先生や日本で最初のオリンピック参加選手で、マラソン王といわれた金栗四三先生等が含まれていた。

三橋義雄・上山辰二両先生はバレーボール、上山先生と斎藤運太郎先生はバスケットボール、三浦佐市先生はテニスを主に担当し、金栗先生はマラソン以外に登山の指導も行った。
さらに、金栗先生はスポーツの指導にとどまらず、校外への遠征旅行を企画したり、修学旅行に豪華客船による船旅を取り入れたりと、高女生に外の世界に出ていく楽しさ・世界の広さを体感させ、多大な影響を与えた。

竹早高等学校百周年記念誌『竹早の百年』より

東京女子師範学校時代のあだ名は『金栗パパ』?

先ほどの『竹早の百周年』にも登場した高橋清一校長という人物は、当時の保守的な日本の女子体育協会においては異例の先進的な考え方の持ち主でした。
女子にもスポーツを奨励しており、金栗には誰の手にも負えないようなじゃじゃ馬クラスを任せることにします。

例に漏れず金栗も、最初は黒板消し落としなどの悪戯の餌食となります。
しかし、当時海外への渡航経験があるような人間は政府高官、もしくはほんの一握りのお金持ちのみでした。
二度のオリンピックを通じて得た金栗の海外経験に基づく、真実味溢れる地理の講義に当時のじゃじゃ馬娘たちも徐々に引き込まれていきます。

さらに、金栗は
『勉強して、まだ、体力が余っているなら校庭に出て走りなさい。バスケでもバレーでもテニスでも良い。運動しなさい。』
と諭し、女学生と一緒になってコートを走り回り、球を追いかけ、スポーツを教えました。

すると、それまでは校庭を散策する程度しかしていなかった女学生でも、休み時間や放課後になると金栗が推奨した『金栗足袋』を履いて、活発にスポーツに取り組むようになったのです。
大正ロマンの全盛期、色白で華奢な女性が理想とされる世の中でしたが、スポーツの普及・振興に情熱をかける金栗はお構いなし。
『金栗パパ、我らがパパ』と呼ばれ、じゃじゃ馬娘たちの人気者、女学校の名物教師になるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です